2021/02/10 13:36

静岡は、古くから“ものづくりの地”として栄えてきました。

 

その精神は脈々と受け継がれ、良質な品を作り続ける企業やお店、職人が今も存在しています。

 

すろーかるMarketでは、その価値を届けるべく、手仕事から生み出される商品もセレクト。どの商品も、伝統的な技術に新たな発想も織り交ぜている点が魅力です。

 

こちらでは特に6商品を取り上げ、シリーズとしてご紹介していきます。

 

 

3商品目は、畳の雰囲気を手元で感じられる「イ草香るブックカバー」

 

 

 

 
作り手であるイ草クリエイターの伊藤さんは、畳のある住宅が少なくなってきた現代において「イ草という天然素材の心地良さを感じてほしい」と、身近な生活雑貨の形にして発信しています。
 
 

その1つが、暮らしにも取り入れやすいこちらのブックカバー。イ草に畳の縁に使われる生地を組み合わせた、畳をそのままアレンジしたと言えるアイテムです。

どこか懐かしいイ草の質感と爽やかな香りが、読書時間をより癒やしのひと時にしてくれるでしょう。

耐久性・弾力性にも優れ、実用的。イ草の持つ吸湿効果が、大切な本を湿気から守ってくれるそうです。

使い込んでいくうちに出る経年変化も、ぜひ楽しんで。

 

色柄のバリエーションも「いなせ」「矢羽」「水玉赤」「彩羽青」「麻の葉緑」「桜茶」「桜ピンク」「ろうらん」と豊富です。ぜひお気に入りを見つけてください。

読書好きの方へのプレゼントにも人気です。

日本独自の文化である畳の魅力を、手の中にお届けします。

 

商品詳細ページはこちら