すろーかるMarket

2021/03/11 10:00

コロナ禍により自宅で過ごす時間が増えた、その過ごし方や環境を見直した人も多いでしょう。それがきっと心地良い休日をもたらしてくれるはず。

そしてそのためには、おうち時間を彩るアイテムを充実させることが大切です。


「すろーかるMarket」でも心地良い休日を叶えるアイテムを取り扱い中。

今月は、その中から6個をピックアップしてご紹介していきます。

ぜひ、お気に入りを見つけてみてください。



静岡県外の方には馴染みがないかもしれませんが、静岡県では小さな子どもからおじいちゃん、おばあちゃんにまで、幅広く愛されるお菓子、「さくら棒」。


そんな伝統的な銘菓ですが、最近では作り手が減り、手に入りづらくなってきている実情があります。
やはりさくら棒を作り続けてきた一軒、佐藤麩店が高齢を理由に創業68年の歴史に幕を閉じようとしていた時、「この伝統を絶対に途絶えさせてはいけない!」と立ち上がったのが大黒屋商事㈱。


自社ブランドの『和煎餅』の製造・販売をはじめ、様々なお菓子の卸業を行なう会社の社長自らが、熱い想いで機械や秘伝のレシピを譲り受けました。
機械の修繕や、時には失敗をしながらも試作を重ねた同社。今ではしっかりと伝統の味を継承し、さくら棒を製造する貴重な一軒となっているのです。


そんな思いと技術のリレーを経て、製造が継続されることになったこちらの「さくら棒」。
淡いピンク色で、さくっ、ふわっとした食感、ほんのり甘い味わい。1つ手に取り口に含めば、唯一無二の味と食感があなたの心をやさしくほどいてくれるでしょう。久しぶりに食べるという方には懐かしさを、初めて食べるという方には新鮮さを、もたらしますよ。


通常サイズのさくら棒3本入り×2袋、小ぶりサイズの花ぐるま150g×2袋と、たっぷり楽しめます。さらに、休日のティータイムを満喫できるようにと藤枝市で生産される煎茶「春待ち茶」もセットにしました。

春の訪れを感じながら、さくら棒とお茶で、ほっこり幸せ気分を楽しんでください♪

詳細ページはこちら