2021/04/30 10:00

今年の母の日は5/9(日)、父の日は6/20(日)。

日頃は恥ずかしくてなかなか伝えられない感謝の気持ちを伝える絶好の機会です。

何を贈るか決まっていますか?

まだ決まっていないという方は、地元の静岡に縁があり、作り手の想いを感じられるものを選んでみてはいかがでしょうか。

贈って喜ばれるだけでなく、きっと会話に花が咲くきっかけにもなるはずです。

すろーかるMarketから、お母さん、お父さんへの贈り物におすすめのアイテムをご紹介します。



母の日の贈り物におすすめの品~その3~

江戸時代から、豊かな水と暖かい気候により、綿花の産地として栄えた静岡県西部地域。そこで広く生産されている伝統的な織物「遠州織物」は、世界のトップブランドにも認められる高い品質を誇るものもあります。
その遠州織物を活かし、武士をイメージした男性向けシャツブランドとして「武襯衣(むしゃ)」が開発されました。新たに女性向けの「MUSHA」も誕生し、地元デザイナーとのコラボで創り上げられたのが、こちらのフリルシャツです。


遠州織物の技法で作られるHjärtaオリジナル生地「ネップミックスダンガリー」を使用。経糸(たていと)と緯糸(よこいと)の単色の糸と、緯糸にネオンカラーのネップを織り交ぜられ、白・黒の落ち着いた色の中に不規則に表れるネオンカラーが大人の遊び心をくすぐります。また、首元や袖口にあしらわれたフリルがアクセントになり、1枚でも華やかな装いに。デニムと合わせてカジュアルにも、スカートと合わせてきれいめにも…。ボトムスとのコーディネートで様々な着方を楽しめるオシャレな1着は、母の日のプレゼントにピッタリです。


さらっとした柔らかい綿の素材が気持ち良いと評判、天然素材で環境にも肌にも優しい生地なので、エシカルファッションが好きな方にもオススメ。白(ボタン赤/べっ甲カラー)と黒をご用意しています。




商品詳細ページはこちら

Hjärta(イエッタ)とは…
文化服装学院 スタイリスト科出身、2019年、2020年TGC 東京ガールズコレクション静岡に衣装提供するなどの実績を持つデザイナー・中澤弘美さんが手掛けるブランド。「静岡のものづくりと地産地消に貢献したい」という想いから、遠州織物を使った"呼吸する服"がコンセプトです。機屋に足を運び、会話を大切にしながら、生地は直接見てから仕入れています。